Airplayがまた出来ないぞ!?Apple TVでミラーリングができないって時はココも見てみて!

airplay
どうも!よ~ぶた(@Yobuta)です。

以前お伝えした、「Airplayが出来ない!Apple TVとうまく繋がらないよ~・・・って時の解決策」。

この解決策を行っても、Apple TVでミラーリングができずAirplayが楽しめない場合は、こちらの方法も試してみてはいかがでしょう!

SPONSORED LINK


Airplayがまた出来なくなったので無線LANルータの設定を確認してみた。



先週末気づいたのですが、Airplayがまた出来なくなっていました。

なので基本である作業、Apple TVとiPhoneのWi-Fiの設定を再確認し、前回の原因だったIEEE802.11b/g/nの設定を確認しました。

設定は両方とも問題なく、Apple TVもiPhoneもネット接続は可能な状態。

何が原因かわからず無線LANルータの設定を確認していると、目に飛び込んできたのがコレ!

LAN側設定/DHCPサーバの設定」。

2014-02-03_2235
そして、この中にあるリース期限継続方法が「期限指定」の「2日」に設定してありました。

このリース期限継続方法(リース期限日)は、簡単に言うと設定した日数経つと割り振られているIPを破棄、または更新する機能なんです。

念のため、リース期限継続方法を「無期限」に変更してみました!

2014-02-02_2336
設定方法は、リース期限継続方法の項目を「無期限」にするだけ。
※この設定は、各メーカーの無線LANルータによって異なります。

で、結果ですが・・・


iPhoneにAirplayのタブが表示され、難なくApple TVとミラーリングが出来るようになりました。

なんだか、原因があっさり分かり、問題解決したので拍子抜けです。

試してみる価値アリ!

ぼく、よ~ぶた(@Yobuta)の使っている無線LANルータはCorega製のちょっと古いタイプのものです。

で、そのルータのマニュアルに記載されているリース期限継続方法については

DHCPサーバでリースされるIPアドレスのリース期限継続方法を選択します。期限指定/無期限の指定ができます。

・期限指定
DHCPサーバから割り当てられるIPアドレスを定期的に更新します(初期値)。
・無期限
DCPサーバから割り当てられるIPアドレスに期限を設定しません。

とあります。

これを見ると、無期限に設定すればIPに有効期限はない。ということは分かります。
ただ、期限指定した場合、期限になるとIPを破棄するのではなく、更新すると書いてあります。

ようするに、リース期限を設けてもIPはしっかりと割り振られるってことになります。

現に、Apple TVでミラーリングが出来ない時でもネットには繋がっていましたから、この記載は間違いないと思います。

となると、今回のリース期限継続方法を無期限にしたのは根本的な解決じゃない!?

・・・コレは正直わからないです。


でも、実際問題リース期限継続方法を無期限にしたら症状が直ったってことも事実です!

なんだか腑に落ちませんが・・・

なにはともあれ、Apple TVでミラーリングが出来ない場合やAirplayが出来ない場合は、ルータの「DHCPサーバの設定」にある、リース期限継続方法(リース期限日)も確認してみてください!

ぼくと同じようにAirplayができるようになるかもしれませんよ!!



関連記事:

Airplayが出来ない!Apple TVとうまく繋がらないよ~・・・って時の解決策

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ